PVPヨウ素複合体は1950年代に消毒剤として導入されました。広範囲の微生物に対してヨウ素そのものと同等の有効性を示します。殺菌効果が高く、従来のヨウ素製剤よりも安全かつ容易に使用でき、全身毒性も低めです。さらに、開放創を保護するフィルムを形成します。水と有機溶媒の両方に可溶性があるため、散剤、錠剤、トローチ剤、液剤、ローション剤、ゲル剤、軟膏、クリーム剤、ムース剤、噴霧剤に製剤化することができます。

Ashland製品の規制適合情報は、製品群やグレードによって異なります。固有のデータについては、試験成績書をご参照ください。

詳細をご希望の方はお問い合わせください。