Ashlandは、医療用・獣医科用注射剤分野でも実績ある製品を多数手がけています。

Ashlandの製品は、溶媒および分子封入剤という2つのメカニズムでAPIの溶解性を改善させます。非経口製剤の懸濁化剤、安定化剤、粘度調整剤として利用できる製品もあります。詳細をご希望の方はお問い合わせください

製品情報

製品 製品の特長
Aqualon™またはBlanose™ナトリウム
カルボキシメチルセルロース
(技術文献)
  • 懸濁化剤
  • 粘度調整剤
  • 結晶化阻害剤
  • ゲル化剤
  • 小分子、たんぱく質、ペプチドの凍結乾燥安定化剤
Benecel™ヒプロメロースおよびメチルセルロース
(技術文献)
  • 懸濁化剤
  • レオロジー制御剤
  • 抗結晶核形成剤
Cavitron™ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン
(技術文献)
  • 低パイロジェン
  • 可溶化剤
  • 結晶化阻害剤
  • 安定化剤(酸化および加水分解)
  • 凝集阻害剤
  • エンドトキシン検査済み
Pharmasolve™n-メチル-2-ピロリドン
(技術文献)
  • 可溶化剤
  • 安定性
  • 加水分解耐性
  • 抗生物質やサルファ剤、ステロイドおよび抗炎症性化合物で実証済み
Plasdone™ポビドン
(技術文献)
  • Cグレードは低パイロジェン
  • 小分子、たんぱく質、ペプチド用の凍結乾燥安定化剤
  • 可溶化剤
  • 結晶化阻害剤