Ashlandは、製薬グレードのセルロース由来およびビニルピロリドンベースの高分子医薬品添加物を製造・販売しています。cGMP基準に準拠した世界各地の製造施設では、質の高い製品を確実に生産しています。製品を支える世界中の研究開発担当者や高度な研修を受けた販売チームは、経口投与用固形剤の製剤技術や、薬剤の可溶化・バイオアベイラビリティの改善といった現在の薬剤送達傾向に深い造詣があります。

Ashlandでは、製剤設計、スケールアップ、そして以下のような製造上の課題に、製品や最先端技術を提供しています。

  • 水溶性の低い有効成分(API)の可溶性改善
  • 放出特性の要件を満たす放出制御製品の設計
  • 有効成分(API)の負荷量を変えずに錠剤の小型化を実現することによる、患者の服薬コンプライアンス向上
  • 口腔内崩壊錠の崩壊所要時間の短縮
  • 持続性経口投与用製剤の製造技術が持つ意味の理解

現在Ashlandで取り組んでいる研究は、製剤や製造にまつわるこうした課題の解決を一歩先に進めてくれる未来の技術的ソリューションの礎です。業界に革命を起こす技術や、独自の研究開発協力の機会を製薬業に携わる皆様にお届けしているAshland。詳しくお知りいただければ、当社こそお客様の目指す製薬ソリューションだということがおわかりいただけるはずです。詳細をご希望の方は、こちらをクリックしてお問い合わせください

Ashland's Aquarius plant receives EXCiPACT GMP certification

Leistritz Pharmaceutical Extrusion Seminar | June 22 - 23

Controlled Release Society (CRS) Annual Meeting & Exposition | July 17 - 20

Preventing Film Coating Problems by Design - Stuart Porter

Reducing Formulation Risk with Science Based Excipient Selection - Thomas Durig

Ashland U.S. Site receives EXCiPACT™ GMP Certification

Take a tour of the Ashland Pharmaceutical Center of Excellence in Wilmington, Delaware